始めに

当ホームページを訪問下さり有難うございます。

当ホームページについて、簡単に紹介します。

平安時代末期、平清盛全盛期に「清盛を討とうじゃないか」と東国の源氏に呼びかけた後白河天皇の息子がいました。名前は以仁王と言います。しかし、この企みは直ぐに平清盛の知る所となり、京の屋敷に居た以仁王は源頼政の勧めに従い琵琶湖畔の三井寺に逃げ込みます。その内三井寺も危なくなってきたので頼政は以仁王を馬に載せ奈良興福寺に向かいます。しかし、途中の宇治平等院で清盛軍に追いつかれ、戦いは始まります。以仁王は平等院を抜け出しますが、奈良に入る寸前に清盛軍に追いつかれ、矢で脇腹を射抜かれ殺されてしまいます。これが正史です。

しかし、山梨県南部町、群馬県沼田市・片品村、福島県南会津の各村々、新潟県旧下田村・旧小国町・旧上川村には、「以仁王が生きて逃亡している」という言い伝えが今も伝説という形で語り継がれています。現在まで、この以仁王逃亡説はそれぞれの地域のみ単独で伝えられてきました。また、それぞれの地域の歴史研究者達が以仁王逃亡説について、幾多の資料を残しています。私は、これらの言い伝えや資料を、出来る限り収集し、時系列に並べ、繋ぎ合わせてみたのです。すると、面白い事実が浮かび上がってきたのです。各地域に言い伝えられてきた以仁王逃亡説は、不思議なことにひとつのルート上で繋がっていました。そしてこのルート上から少しでも外れた地域には、以仁王の言い伝えは只のひとつもない、ということが分かったのです。「殺された以仁王は生きていた」もしかしたらこれが真実ではないのか? しかし、平家物語には明快に『殺された』と書いてあります。平家物語を注意深く読み直してみました。すると、解釈を少し変えれば、以仁王は生きているとも読み取れるのです。

また、以仁王と同時代に、尾瀬ヶ原を中心にして伝わっている謎の人物伝説

 福島南会津桧枝岐村の 尾瀬大納言

 群馬県沼田市や片品村の 尾瀬次郎

 新潟県魚沼市湯之谷の 尾瀬三郎

これらの人物と、以仁王逃亡説との関連性についても分かってきました。

以仁王に関する各地域の資料は「以仁王資料館」をご覧になって下さい。

尾瀬三郎や尾瀬次郎他については「尾瀬三郎資料館」をご覧になって下さい。

以仁王がこれらの地域に逃亡していたのが事実だとすると、平家物語の語りの謎を解かなければなりません。そして、何よりも、戦場からの脱出トリックを解かなければなりません。さて、以仁王はどのようなトリックを使って清盛軍の包囲網から見事に消えることが出来たのか?

この以仁王の脱出トリックについては、このページ下の「尾瀬三郎物語の謎を解く」をクリックして読みください。


 

〇源頼政、猪隼太、渡辺唱はイリュージョンを使った

   ①鵺退治(源頼政・猪隼太)

   ②戦場からの脱出劇(源頼政・渡辺唱)   

   ③尾瀬大納言、尾瀬次郎、尾瀬三郎の出現(渡辺唱・猪隼太)(清3兄弟)

〇以仁王逃亡に潤沢な資金を出したのは八条院領の八条院あき子(以仁王は八条院あき子の猶子)八条院あき子の立場で考えると真相が見えて来る

〇逃亡経路が陸路では痕跡が残ってしまうが水路(川や海)では痕跡を一切消すことが出来る(頼政は摂津渡辺党の頭領)

 以仁王逃亡経路(⛵水路 ~陸路)

三井寺~瀬田川⛵宇治川~宇治平等院~巨椋池⛵淀川⛵大阪湾⛵太平洋⛵駿河安倍川~八条院領~安峠越え~甲斐若宮八幡宮~富士川⛵太平洋⛵東京湾⛵利根川⛵沼田⛵~片品~尾瀬~南会津各集落~叶津~八十里越~越後吉ヶ平~加茂の神社~加茂川⛵信濃川⛵小国領⛵信濃川⛵阿賀野川⛵会津(現越後)津川~会津(現越後)小川庄中山集落

宮城三平は、会津や越後の各地に伝わる高倉宮以仁王の言い伝えを丹念に収集し、”高倉宮以仁王御墳墓考” として発表しました。
この ”高倉宮以仁王御墳墓考” に真っ向から異を唱えたのが、民俗学の権威者柳田國男です。
柳田國男は、彼の著作『史料としての伝説』『伝説』で ”高倉宮以仁王御墳墓考” の内容を完全否定しました。
当ホームページでは、”尾瀬三郎物語の謎を解く” で述べた通り「以仁王逃亡説は史実である」との立場をとります。
宮城三平の ”高倉宮以仁王御墳墓考” はネットで公開されていますがかなり難解です。
そこで、当ホームページでは、”高倉宮以仁王御墳墓考” を現代語版で再校正し紹介することとしました。

日本の正史では以仁王は光明山寺の大鳥居の前で討死したことになっています。

本当に以仁王はこの場所で討死したのでしょうか。

『平家物語』の記述をもとに、以仁王殺害の現場検証をしてみた結果、意外な事実が発見されました。

以仁王一行は会津の叶津から八十里越を越え越後国吉ヶ平集落に到着し、暫く逗留しました。

その吉ヶ平の山の中には、雨生池という、何とも神秘的な池が有ります。

そして、その吉ヶ平の雨生池には悲しい大蛇伝説が語り継がれています。

この大蛇伝説ですが、ストーリーの展開が『平家物語』の中の『緒環』とそっくりなのです。

※緒環(おだまき)の物語のもとは、豊後地方の緒方三郎惟栄大蛇伝説です。

以仁王は、宇治平等院の戦場から、見事脱出に成功しました。
しかし、日本の正史では、以仁王は平等院の戦いで戦死したことになっています。
有名な民俗学の権威柳田國男氏や多くの歴史学者は平等院での戦いでの戦死説をとります。
『平家物語』の中で、『流れ矢に当たり戦死した』と語られているからです。
しかし、私は

平家物語では、平等院での戦いで戦死したとは語ってはいない

という解釈をしました。
しかし、この主張を進めていくためには、いくつかの大きな疑問点を解かなければなりません。
『平家物語の作者は、何故にこのような回りくどいトリックまがいの語りとしたのか?』
更に『平家物語の作者は、膨大な情報をいかにして手に入れることができたのか?』
近衛天皇、二条天皇、二代皇后多子、頼政、以仁王とその子供達、待宵小侍従、六条大夫宗信、『令旨』を持って東国に伝えた源行家、『玉葉』の作者九条兼実、その弟慈円、『平家物語』の作者達、この人達の中心に、あるひとりの女性が浮かび上がってきました。
その女性とは八条院あき子【暲子】という人物です。
今回は、この八条院あき子を通して、これらの疑問点の解明に挑みます。

治承4年5月25日、頼政は、以仁王を馬に乗せ、奈良興福寺の向け出発しました。
頼政は、途中の宇治平等院に着くと、宇治橋の橋板を三間剥がします。
この章では、『宇治橋の橋板剥がし事件』から、

「もしかしたら、三井寺を出発して間もなく、以仁王は舟に乗せられたのではないか」

という可能性について述べてみます。
 

尾瀬ヶ原は、福島県桧枝岐村、群馬県片品村、新潟県湯之谷村の境界に有ります。

そして、それぞれの村々にそれぞれ尾瀬大納言、尾瀬次郎、尾瀬三郎の言い伝えが伝わっています。

この言い伝えを比較し、対比していくと奇妙な一致点が浮かび上がってきました。

ところが、 南会津の言い伝えには、尾瀬ヶ原にこの3名の名は有りません。

何故でしょうか?

この章では、以仁王一行は片品川の上流地点で舟を降り、尾瀬ヶ原に身を隠し、

その後、南会津の村々への逃避行に再出発する8日間に何があったのかを推理してみます。
 

以仁王の令旨”の全文については、ネットで検索しても、殆どヒットしません。

そこで、令旨の全文を紹介します。

令旨の署名者が、”頼政”ではなく、嫡男の”仲綱”であることに注目して下さい。

当ホームページをご訪問下さり有難うございました。

是非、尾瀬三郎資料館以仁王資料館 も見学していって下さい。